“手術関連器具や装置など” Category

ハーモニックスカルペルのハンズオン

By |

ハーモニックスカルペルのハンズオン

若い先生達にハーモニックスカルペルを用いた内胸動脈採取などをレクチャーして、その後ハンズオンです。みんなとても熱心で質問責めでした。この手技はこれから更に広がると思います。

Read more »

縫合機器

By |

縫合機器

MICS(低侵襲心臓手術)で行う人工弁置換術(人工弁を入れる手術)などでは、人工弁を心臓に縫い付ける器械が出現しています。当然ですが日本では普通に自分で縫合してノットプッシャーという器具を用いて自分で糸を結ぶのが当たり前…

Read more »

ロボット手術について

By |

ロボット手術について

ロボットを用いた心臓の手術ではまだ一般的ではありませんが、徐々に広まってきています.まDaVinciというロボットが今現在 手術に使われているロボットです。このロボットでできる心臓の手術は、僧房弁や三尖弁の手術、心房中隔…

Read more »

針と糸 Part 2

By |

針と糸 Part 2

今回は私が冠動脈バイパス術(OPCAB、MICS CABG)に使用している針糸をご紹介します。7-0, 8mmという針の大きさで、長さは60 cmモノフィラメント糸です。ほんとは45 cmのものが好きなんですが。当然8-…

Read more »

針と糸

By |

針と糸

なんだか文学作品のタイトルのような感じですね。最近の消化器外科手術では自動吻合器などが広く普及しており、腸などは直接人の手で縫わずに自動吻合器などを用いて縫合します。しかし心臓血管外科の領域ではまだまだ自動吻合器を使いこ…

Read more »

By |

低侵襲心臓手術 (MICS)では基本的に全ての操作を小さい穴から行います。糸を結びたくても自分の指は届きません。ではどのように糸を結紮(結ぶ)かというと、ノットプッシャーという手術器具を用いて糸を正確に結びます。通常の弁…

Read more »

セルセーバー 出血を回収します

By |

セルセーバー 出血を回収します

心臓や大動脈の手術は、基本的に無菌手術野です。術野の出血は出来るだけ患者様の体に戻したいのです。そこで登場するのがセルセーバーなる機械です。日本語では“自己血回収装置”といいます。心臓周囲などのスペースに出血した血液を吸…

Read more »

人工血管のコーティング

By |

人工血管のコーティング

昔の人工血管(昔というと25くらい前の話になります)は人工繊維を編んで作っているのですが、人工血管自体から血液がジュワーっと漏れました。ですからプレクロッティングといい、人工血管を使用する前に血液を人工血管の血管壁に塗り…

Read more »

様々な形状の人工血管

By |

様々な形状の人工血管

どのような形状かといいますと、例えばまっすぐの人工血管に細い分枝(枝)がついていたり、大動脈弓部の手術の為に頭部や手に血液を供給するための動脈を再建する枝がついていたり。はたまたお腹の動脈(腹腔動脈、上腸間膜動脈、両側の…

Read more »

人工心肺について

By |

人工心肺について

以前にもお話しましたが、人工心肺についてお話します。 私たち心臓外科医が手術に用いる人工心肺、これは人工的に心臓と肺の役割をする心臓手術のための医療機器です。人工心肺を用いる手術は心臓弁膜症や胸部大動脈手術が一般的です。…

Read more »