“手術について” Category

MICS CABGでできること

By |

MICS CABGでできること

低侵襲冠動脈バイパス術(MICS CABG)では、通常の冠動脈バイパス術とできる事が違うと思われがちです。もちろん小さな左胸の傷から冠動脈バイパス術を行うのですべてができるわけではありません。しかしかなりのことができます…

Read more »

MICS CABGと肺静脈隔離術

By |

MICS CABGと肺静脈隔離術

左胸の小開胸で行うMICS CABGでは不整脈の手術も同時に行うことができます。心房細動の治療である肺静脈隔離術と左心耳の切除です。もちろん右の肺静脈隔離術は左胸からはできませんので、麻酔がかかった後MICS CABGを…

Read more »

冠動脈バイパス術について

By |

冠動脈バイパス術について

東京ベイ浦安市川医療センターでは昨年から虚血チームとして冠動脈のステント治療(PCI)や冠動脈バイバス術(CABG、OPCAB、MICS CABG)などの狭心症や心筋梗塞に対する治療に対して力を入れております。心臓血管外…

Read more »

MICS CABGの新しい論文です

By |

MICS CABGの新しい論文です

函館五稜郭病院の橘先生の論文で私も共同著者です。新しい試みですが手術前にバーチャルリアリティーの技術を用いて手術前のシミュレーションを行い手術の再現性を高めるものです。難しいといわれるMICS CABGですが新しい技術を…

Read more »

Coronary week 2022

By |

Coronary week 2022

12月1-3日は冠動脈外科学会、冠疾患学会そしてInternational coronary congressが東京で合同開催されました。私の専門分野ですからMICS CABGに関するプレゼンテーションを行ってきました。…

Read more »

MICS CABGの新しい論文です

By |

MICS CABGの新しい論文です

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36331023/   函館五稜郭病院 心臓血管外科部長の橘一俊先生の執筆したMICS CABGの論文がINNOVATIONという雑誌に掲載されま…

Read more »

冠動脈バイパス術に用いる血管(グラフト)の太さについて

By |

冠動脈バイパス術に用いる血管(グラフト)の太さについて

心臓自体を栄養する血管である冠動脈は、冠動脈バイパス術のときに血管吻合をする部位でおおよそ1.5mm程度の太さです。もちろん縫合する冠動脈の部位によっても異なりますので正確に言うと1.0~2.5mm程度の太さです。この冠…

Read more »

東京ベイ浦安市川医療センターのハートチームとMICS

By |

東京ベイ浦安市川医療センターのハートチームとMICS

低侵襲心臓手術(MICS)は通常の心臓手術の延長線上にあります。特にMICSは小さい傷で行い難易度が高くなる手術といわれていますので、高い技術により通常の手術がしっかりできるからこそ次のステップのMICSが可能となります…

Read more »

低侵襲冠動脈バイパス術(MICS CABG)の術前評価法

By |

低侵襲冠動脈バイパス術(MICS CABG)の術前評価法

2012年から行っている『MICS CABG』(低侵襲冠動脈バイパス術)。現在では数多くの経験からこの手術を受ける患者さんの安全のために様々な術前の評価を行っています。その一つが造影CT検査です。特に3Dによる立体的な画…

Read more »

胸腔鏡による心房細動の治療

By |

胸腔鏡による心房細動の治療

胸腔鏡を用いた心房細動の治療法(MICS MAZE)または『胸腔鏡下肺静脈隔離術』、『胸腔鏡下左心耳切除術』、『ウルフオオツカ法』(W-O法)と言いますはこれまでもお話をいたしましたが、友愛医療センター勤務時に作成してい…

Read more »