“MICS CABG” Category

中国での発表です

By |

内モンゴルの銀川で行われる心臓外科の学会にご招待頂いたので、明日より行ってきます。https://ss2.meipian.me/users/39307636/db5b9138c38142dfac36ff59931b7da…

Read more »

マレーシアへとMICS CABGの手術指導に行ってきました

By |

マレーシアへとMICS CABGの手術指導に行ってきました

1月下旬にマレーシアのボルネオ島のクチン(Sarawak)とペナン島(Pinang)でMICS CABGの手術指導を行ってきました。クチンはこれで3回目のSarawak heart centerです。ペナン島はPinan…

Read more »

一宮西病院に赴任します

By |

一宮西病院に赴任します

2月より一宮西病院に赴任致します。一宮西病院ではMICS CABG も含めた低侵襲心臓手術や様々な最先端の治療を循環器内科の先生方をはじめハートセンター一丸となって取り組んでまいります。ぜひよろしくお願い致します。 心臓…

Read more »

National Heart Centre Singapore (NHCS)での手術指導

By |

National Heart Centre Singapore (NHCS)での手術指導

1999年に留学していたNational Heart Centre Singapore (NHCS)へ手術指導に行ってきました。シンガポールナショナルハートセンターは1年間に1000件以上の手術を行っている心臓の専門病院…

Read more »

DaVinciによるロボット手術

By |

DaVinciによるロボット手術

ヒューストンに行ったときに行ったロボット(DaVinci)による冠動脈の吻合です(豚の心臓ですよ)。自分でいうのもなんですが、けっこう上手に縫合しています。とても見やすくて動きもなれると早くなります。実際の術野ではこんな…

Read more »

最近のMICS CABGは両側内胸動脈グラフトを積極的に使っています。

By |

最近のMICS CABGは両側内胸動脈グラフトを積極的に使っています。

最近ではMICS CABGの手術も随分と早くなり、シンプルな3枝バイパスであれば3時間前後で終了しています。そのため次のステップとして、更に積極的に動脈グラフトを使用するようにしています。いわゆる全動脈グラフト(Tota…

Read more »

ヨーロッパの学術誌に掲載されました

By |

ヨーロッパの学術誌に掲載されました

ヨーロッパの学術誌のICVTS (Interact Cardiovasc Thorac Surg.: 2017 May 1;24(5):696-701.)に投稿した両側内胸動脈を使用したMICS CABGの論文が掲載され…

Read more »

すべての始まりは2014年のBOSTON

By |

すべての始まりは2014年のBOSTON

現在では当たり前のようにMICS CABGを海外の学会で発表していますが、すべての始まりは2014年にボストンで行われたISMICSでした。これが初の海外でのoral presentation。なんていうと驚くかもしれま…

Read more »

ISMICSはRomeでした

By |

ISMICSはRomeでした

今回ローマでISMICS(国際低侵襲心臓手術学会)が開催されました。今回は初日のMaster’s Dayで両側内胸動脈を用いたMICS CABGの講演を学会から依頼され行って来ました。現在MICS CABGは…

Read more »

北京の学会です

By |

北京の学会です

明日から始まる北京での学会に出席です。MICS CABG の講演依頼をいただきました。2つの話をします。今日はFuwai hospital で手術の見学。

Read more »